子宮筋腫の自己判断

スポンサードリンク

UAE 子宮動脈塞栓術とは

子宮筋腫の新しい治療法でUAEという治療法があります。UAEは子宮動脈塞栓術という治療法でメスを使わない手術方法です。この新しい治療法についてご紹介していきます。

UAE(子宮動脈塞栓術)は、子宮筋腫は通常の外科手術では困難な場所にある場合や、とても小さな切除の難しい筋腫がたくさんある場合に、この方法が効果的に治療できるといわれています。

UAE(子宮動脈塞栓術)による治療は、足の付け根にある血管よりカテーテルを挿入し、子宮動脈の筋腫のある血管をふさぐように詰まらせ、筋腫の成長を促す酸素の供給を止め、さらに養分の供給も止めて、筋腫を小さくする治療法です。

この治療法の実績は、現在わかっているところで手術後3か月で50%程度筋腫が小さくなり、手術後1年では30%まで筋腫が小さく、成長を抑えることができています。また、筋腫が小さくなるにつれて、子宮筋腫特有の症状が軽減していることも報告されています。


UAE(子宮動脈塞栓術)の治療のメリットを考えると、次のようなことが挙げられます。

1)手術に腹部を切開しないので患者負担が少ない
2)手術は局所麻酔で行うので術後、翌日に退院できる
3)子宮を残すことができる
4)再発のリスクが低い

UAE(子宮動脈塞栓術)の治療のデメリットは次のようになります。

1)新しい治療方法な為にデータに乏しい
2)保険対象外な為に医療費が高額
3)行われている医療機関が少ない
4)動脈の血流を止めるために数時間痛みが激しい


まだ新しい治療法なので、行っている医療機関も限られ、保険適用外であるために高額な医療費になります。しかし、どんなに小さな筋腫でも完治することができるので、患者負担はとても少なくなります。

▼あなたのやり方では子宮筋腫は治りませんよ!

子宮筋腫と診断されて・・・
32歳まで、苦痛と不安の中にいた私が、
その8cmの筋腫がなくなるまでに回復できた方法です。


>>詳しい詳細はこちら

当サイトからのお願い

当サイトの記載内容で不備などがあれば、下記まで情報をお寄せいただければ幸いです。
より良い情報サイト作りに、お力をお貸しいただければと思います。
contact◇tloo.net
(◇マークを@に変更ください。)

このサイトを購読する

RSS登録

免責事項

当サイトでは子宮筋腫に関する情報を、できる限り正確に伝えるよう配意しておりますが、全情報を保障するものではありません。
このサイトの利用による間接的、直接的に生じたいかなる損害も、一切責任を負い兼ねます。

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合せについては、 下記までお願いします。
>>ご連絡フォーム    子宮筋腫 治療