子宮筋腫で入院と治療

スポンサードリンク

子宮筋腫と出産

子宮筋腫と出産について考えると、子宮筋腫は出産に影響しないのかとても不安に感じます。子宮筋腫の治療を行っている方の中には、既に妊娠している課程で子宮筋腫が見つかった方もいます。このような方は出産は無事にできたのでしょうか。

子宮筋腫は、子宮の中に良性ではありますが、腫瘍ができる病気です。子宮筋腫を持ったままの出産は可能で、無事に赤ちゃんを産むことはできます。実際に、このようなケースで無事に出産されている方は多くおられます。


妊娠中に子宮筋腫が見つかった方は、妊娠中は子宮筋腫は女性ホルモンが活発になるために、筋腫の成長も早くなります。そのために、出産するまでは注意深く観察する必要があります。
もし筋腫のある場所が、出産の時に赤ちゃんが通る産道付近にある場合は、産道が狭くなっていることが考えられますので、この場合は帝王切開による出産になる事も考えなければなりません。

たとえ帝王切開での出産でも、生まれてくる赤ちゃんに何の影響もありませんので、全く安心です。
もし、子宮筋腫が出産に影響を及ぼすと考えられた場合、筋腫の摘出手術を行いますが、この場合は、胎児が安定期に入った以降に手術を行いますので、胎児絵の影響もなく、安心して出産することができます。

子宮筋腫が妊娠中にできたとしても、出産に対しての影響は全くなく、安心して赤ちゃんを産むことができます。もし、出産に対して心配や不安なことがあるなら、担当の医師と充分に話しあい不安を解消しましょう。

▼あなたのやり方では子宮筋腫は治りませんよ!

子宮筋腫と診断されて・・・
32歳まで、苦痛と不安の中にいた私が、
その8cmの筋腫がなくなるまでに回復できた方法です。


>>詳しい詳細はこちら

当サイトからのお願い

当サイトの記載内容で不備などがあれば、下記まで情報をお寄せいただければ幸いです。
より良い情報サイト作りに、お力をお貸しいただければと思います。
contact◇tloo.net
(◇マークを@に変更ください。)

このサイトを購読する

RSS登録

免責事項

当サイトでは子宮筋腫に関する情報を、できる限り正確に伝えるよう配意しておりますが、全情報を保障するものではありません。
このサイトの利用による間接的、直接的に生じたいかなる損害も、一切責任を負い兼ねます。

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合せについては、 下記までお願いします。
>>ご連絡フォーム    子宮筋腫 治療