子宮筋腫で入院と治療

スポンサードリンク

子宮筋腫の集束超音波治療(FUS)

子宮筋腫をわずらい手術を行わなければならないとなると、その治療は下腹部に傷を残し、手術後の生活復帰にも時間がかかり、治療には大変な体力が必要ではと想像する方も多いことでしょう。

しかし最近の子宮筋腫の治療法は、このようなイメージを全く変える方法が取られています。
子宮筋腫の最近の治療法をご紹介します。


子宮筋腫の最新の治療方法は集束超音波治療(FUS)という治療法です。この治療法の一番の特徴は身体にメスを入れない治療法です。どの様にしてできた筋腫を取り除くかというと、超音波を使って筋腫を焼き取り除きます。この治療法で手術を行うと、痛みも副作用もとても少なく、手術を行ったその日に帰宅できる、とても患者負担の少ない治療方法です。

集束超音波治療(FUS)の治療法は患者負担が少ないという事の他にも、手術に対するストレスやホルモン治療を行っている場合、継続してこの治療が行えることです。
また、手術後の生活復帰が早いために、妊娠を望んでいる方にとっては、不安も少なく、早く妊娠へ望めることができます。


しかし、集束超音波治療(FUS)にはデメリットもあります。一番の問題とすれば、保険適用外の治療なので、費用が高額になることです。その費用はおよそ50万円程度で、すべて実費になりますのでなかなか受ける方も限られてきます。
また、この治療法の技術的面から、現在行われている外科手術に比べると、完治という点からは未だ劣っていて、医師の間でもこの点は指摘されています。

この集束超音波治療(FUS)のできる医療機関は未だ多くはありません。未だ問題点のある新しい治療方法ですが、これからの新しい技術として、今後に期待したいものです。

▼あなたのやり方では子宮筋腫は治りませんよ!

子宮筋腫と診断されて・・・
32歳まで、苦痛と不安の中にいた私が、
その8cmの筋腫がなくなるまでに回復できた方法です。


>>詳しい詳細はこちら

当サイトからのお願い

当サイトの記載内容で不備などがあれば、下記まで情報をお寄せいただければ幸いです。
より良い情報サイト作りに、お力をお貸しいただければと思います。
contact◇tloo.net
(◇マークを@に変更ください。)

このサイトを購読する

RSS登録

免責事項

当サイトでは子宮筋腫に関する情報を、できる限り正確に伝えるよう配意しておりますが、全情報を保障するものではありません。
このサイトの利用による間接的、直接的に生じたいかなる損害も、一切責任を負い兼ねます。

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合せについては、 下記までお願いします。
>>ご連絡フォーム    子宮筋腫 治療