子宮筋腫で入院と治療

スポンサードリンク

子宮筋腫の摘出手術と更年期障害

子宮筋腫による子宮摘出手術で子宮を取った場合に、考えなければならないことは「更年期障害」です。この更年期障害は女性の体調に変化をもたらすもので、冷えやのぼせ、めまいなどの症状が現れ、この症状には個人差があり人によって様々な症状が現れます。

この更年期障害とは、女性が閉経に向かう更年期に、女性ホルモンの分泌が減少し始めることで、身体に様々な不調を現します。


更年期障害は女性なら誰でも、必ず通らなければならないことで、上手く付き合っていくことが求められます。更年期障害は子宮摘出手術を行うと、その開始年齢が早まるといわれていました。しかし、最近の摘出手術では更年期障害の年齢が早まるということがなくなったそうです。

更年期障害の年齢が早まらなくなった理由は、その摘出手術の方法にあります。更年期障害は女性ホルモンが大きく影響しますが、この女性ホルモンの分泌に重要な役割を果たす卵巣を、摘出せずに残す手術方法に意味があります。

卵巣を摘出せずに残す事で、月経時の出血はなくなりますが、女性ホルモンの活動は以前と変わらずに活動します。
このことから、卵巣を残す手術方法が取られ、更年期障害の早まることは少なくなりました。

しかし、子宮筋腫の状態によっては、卵巣を摘出しなければならないこともあり、卵巣を摘出した場合は、更年期障害が早まることを覚悟しなければなりません。
更年期障害が早く始まったからといって命を脅かすことはありませんので、深刻に考えずに上手く付き合うことが大切になります。

更年期障害に対する考え方や理解度についても、現在は高まっていて、医療機関における処置も適切に行われています。更年期障害で生活に支障が出ても、現在は安心して生活ができるように整備されています。

▼あなたのやり方では子宮筋腫は治りませんよ!

子宮筋腫と診断されて・・・
32歳まで、苦痛と不安の中にいた私が、
その8cmの筋腫がなくなるまでに回復できた方法です。


>>詳しい詳細はこちら

当サイトからのお願い

当サイトの記載内容で不備などがあれば、下記まで情報をお寄せいただければ幸いです。
より良い情報サイト作りに、お力をお貸しいただければと思います。
contact◇tloo.net
(◇マークを@に変更ください。)

このサイトを購読する

RSS登録

免責事項

当サイトでは子宮筋腫に関する情報を、できる限り正確に伝えるよう配意しておりますが、全情報を保障するものではありません。
このサイトの利用による間接的、直接的に生じたいかなる損害も、一切責任を負い兼ねます。

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合せについては、 下記までお願いします。
>>ご連絡フォーム    子宮筋腫 治療