子宮筋腫で入院と治療

スポンサードリンク

子宮筋腫で受けるセカンドオピニオン

皆さんは「セカンドオピニオン」と言う言葉はご存知でしょうか。
セカンドオピニオンとは、現在、診ていただいている病気を、今、診ていただいている医師と違う医師の診察を受けることで、別の医師の意見や診察、治療法を伺うものです。

多くの方の場合、初診に診ていただいた医師にそのまま治療を任せるといった方が多いようですが、よくわからない病気や難しい病気は、何かと不安がついてきます。経過がなかなか診られない病状では、日々が不安になり診療方針にも疑問を抱くことになります。
このような状態になり、治療に不安を感じるなら、別の医師の意見を聞くセカンドオピニオンを行います。

子宮筋腫のセカンドオピニオンの場合、自分の病状や治療法について、最初に子宮筋腫を発見した一人の医師から診察を受けるのではなく、別の医師の診察を受け、診断や治療法を伺うということです。
子宮筋腫が初めての大きな病気の方にとっては、もし、手術を考えなければならない場合は、大変不安感じることでしょう。

診察を受けた診断や治療に不安を感じるのであれば、別の医師の診断を受けましょう。患者さんの多くは、治療に不安を感じながらも、セカンドオピニオンを主張する方は多くいません。
セカンドオピニオンを受ける場合、現在診ていただいている医療機関が小規模なところである時や、専門の医師がいない場合、医療設備に問題がある時は、積極的に申し出る方がよいでしょう。

患者さんにとって、子宮筋腫がどのようなものか理解していない時に、セカンドオピニオンを受けても良いと思います。違い医師の子宮筋腫に対しても診断を伺えることもありますし、違った治療法を伺えることもあります。

▼あなたのやり方では子宮筋腫は治りませんよ!

子宮筋腫と診断されて・・・
32歳まで、苦痛と不安の中にいた私が、
その8cmの筋腫がなくなるまでに回復できた方法です。


>>詳しい詳細はこちら

当サイトからのお願い

当サイトの記載内容で不備などがあれば、下記まで情報をお寄せいただければ幸いです。
より良い情報サイト作りに、お力をお貸しいただければと思います。
contact◇tloo.net
(◇マークを@に変更ください。)

このサイトを購読する

RSS登録

免責事項

当サイトでは子宮筋腫に関する情報を、できる限り正確に伝えるよう配意しておりますが、全情報を保障するものではありません。
このサイトの利用による間接的、直接的に生じたいかなる損害も、一切責任を負い兼ねます。

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合せについては、 下記までお願いします。
>>ご連絡フォーム    子宮筋腫 治療