子宮筋腫とは

スポンサードリンク

子宮筋腫の手術方法

子宮筋腫は、その症状や筋腫のできている場所によって手術が必要となり、その方法も違います。子宮筋腫の手術について説明していきます。


■筋腫核出術
筋腫核出術は発症した筋腫だけを摘出し、子宮は残す方法の手術です。
この手術方法は、女性が妊娠・出産を望んでいるが、子宮筋腫を発症したが為になかなか妊娠せず、また流産を起こしている状況にある時、この不妊や流産を回避するために行う手術です。この手術の目的は妊娠することにありますので、妊娠を希望する方に適用されています。

ただこの手術は、筋腫の元が残っているために再発の恐れがあります。この手術は妊娠の妨げにならないようにする手術であることを理解しなければなりません。

■複式単純子宮全摘術
複式単純子宮全摘術は、全摘手術という文字通りの手術で、子宮筋腫が大きく成長しその影響が子宮だけに留まらず、卵巣にも影響を及ぼしている場合に行われる、子宮を全部取り除く手術です。この方法は子宮筋腫の再発を防ぐ為に行われるもので、子宮を全部取り除くので妊娠を希望しない方に進められます。手術は腹部のへその下から10cm下方へ切開します。

■膣式純子宮全摘術
膣式純子宮全摘術は複式単純子宮全摘術と同様に、子宮筋腫が大きく成長している場合に行われますが、腹部を切らずに行います。この手術方法なら切開しないために手術後の回復が早く、患者にも苦痛などの負担が少なくて済みます。ただこの方法は、癒着が酷い場合や子宮筋腫がとても大きく成長している時には行えません。

▼あなたのやり方では子宮筋腫は治りませんよ!

子宮筋腫と診断されて・・・
32歳まで、苦痛と不安の中にいた私が、
その8cmの筋腫がなくなるまでに回復できた方法です。


>>詳しい詳細はこちら

当サイトからのお願い

当サイトの記載内容で不備などがあれば、下記まで情報をお寄せいただければ幸いです。
より良い情報サイト作りに、お力をお貸しいただければと思います。
contact◇tloo.net
(◇マークを@に変更ください。)

このサイトを購読する

RSS登録

免責事項

当サイトでは子宮筋腫に関する情報を、できる限り正確に伝えるよう配意しておりますが、全情報を保障するものではありません。
このサイトの利用による間接的、直接的に生じたいかなる損害も、一切責任を負い兼ねます。

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合せについては、 下記までお願いします。
>>ご連絡フォーム    子宮筋腫 治療