子宮筋腫とは

スポンサードリンク

子宮筋腫と妊娠の不安

子宮筋腫は女性特有の病気で、女性の70%以上の方がその可能性を持っていると言われ、近年はその関心も高くなり若い世代の女性も、関心のある方は多いことでしょう。その中には現在、子宮筋腫の重い症状と闘っている方や、健康診断や検査で子宮筋腫が見つかった方、また、現在治療中で快方に向かっている方など、それぞれの経過はとても気になるところでしょう。

特にこれから出産を控えている方や、これから出産を希望されている方は、妊娠・出産に影響はないかとても心配です。症例には妊娠が解ったと同時に子宮筋腫が見つかったという方もおられます。このような方々はとても不安で気がかりと思います。


子宮筋腫と妊娠の関係はとても深刻で、子宮筋腫の発症で妊娠する確立が減少しているならば、筋腫の摘出手術が行われます。しかし、子宮筋腫を摘出したからといって必ず妊娠に結びつくとは限りません。もし妊娠に結びつかない時は他の原因も考え、不妊治療が必要な場合もあります。このような症状で考える時、その女性は既婚であるか、未婚であるかということも大切なことになります。よく医師と相談して、今後の家族計画や治療について考える必要があります。

症例では妊娠前に筋腫がわかる時もあれば、妊娠してから筋腫がわかることもあります。その割合は妊婦100人中1〜3人の割合で筋腫が見つかるようです。中には筋腫がわからないまま、分娩を行う方もおられるそうです。

子宮筋腫はホルモンの影響を受けやすく、筋腫は成長します。そして、妊娠中はホルモンの分泌が活発になりますので、さらに筋腫が大きく成長しやすくなります。
しかし、筋腫が妊娠に対して及ぼす影響を考える必要はありません。それは、筋腫が妊娠中に大きく成長しても、お腹の胎児に影響はなく、また。分娩にも影響はないと考えられています。もし、妊娠中に筋腫があるとわかっても、医師とよく相談し、どんなことも質問して解決し、不安を持たないことが先決です。

▼あなたのやり方では子宮筋腫は治りませんよ!

子宮筋腫と診断されて・・・
32歳まで、苦痛と不安の中にいた私が、
その8cmの筋腫がなくなるまでに回復できた方法です。


>>詳しい詳細はこちら

当サイトからのお願い

当サイトの記載内容で不備などがあれば、下記まで情報をお寄せいただければ幸いです。
より良い情報サイト作りに、お力をお貸しいただければと思います。
contact◇tloo.net
(◇マークを@に変更ください。)

このサイトを購読する

RSS登録

免責事項

当サイトでは子宮筋腫に関する情報を、できる限り正確に伝えるよう配意しておりますが、全情報を保障するものではありません。
このサイトの利用による間接的、直接的に生じたいかなる損害も、一切責任を負い兼ねます。

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合せについては、 下記までお願いします。
>>ご連絡フォーム    子宮筋腫 治療