子宮筋腫とは

スポンサードリンク

子宮筋腫の若年齢化

子宮筋腫が発症する年齢は、統計から40歳代が最も多く、次いで30歳代、50歳代の順です。子宮筋腫にかかる女性の80%以上が30歳代後半から50歳代の女性が占めています。しかし、この統計の数字に変化が現れ始めています。

近年では子宮筋腫にかかる女性の年齢が若年齢化の傾向にあり、その年齢は20歳代から50歳代前半に移行しつつあります。この子宮筋腫の発症年齢の若年齢化が起こる原因について、考えてみたいと思います。

子宮筋腫の発症年齢の若年齢化の原因として考えられることは、性成熟年齢が低年齢化していること、つまり年齢が早くなっているということです。近年、女の子の身体の発育は数十年前の頃と比較してもかなり違い、始めて迎える初潮の年齢もかなり早い時期に訪れています。
これは、若い年齢から子宮内で筋腫が発症する環境が整ってしまい、若い年齢でも子宮筋腫が発症すると考えられています。

また、考えられる原因としてライフスタイルが変化したことも考えられます。
これは、日常生活が大きく関わり、近年の食生活はかなり欧米化が進んでいることが、身体の成長を早め、結果、性成熟を早めていると考えられます。
また、子供を取り巻く生活環境は、様々なストレスを子供に与えていると考えられ、このストレスが原因でホルモン分泌が刺激を受けて、初潮の迎える時期を早めているといわれています。

もう一つは、遺伝が考えられます。そもそも子宮筋腫は遺伝が関係しているといわれ、近親に子宮筋腫の方がいると発症率が高くなることはわかっています。
原因について明確なことはわかりませんが、発症年齢が若年齢化していることは事実です。

▼あなたのやり方では子宮筋腫は治りませんよ!

子宮筋腫と診断されて・・・
32歳まで、苦痛と不安の中にいた私が、
その8cmの筋腫がなくなるまでに回復できた方法です。


>>詳しい詳細はこちら

当サイトからのお願い

当サイトの記載内容で不備などがあれば、下記まで情報をお寄せいただければ幸いです。
より良い情報サイト作りに、お力をお貸しいただければと思います。
contact◇tloo.net
(◇マークを@に変更ください。)

このサイトを購読する

RSS登録

免責事項

当サイトでは子宮筋腫に関する情報を、できる限り正確に伝えるよう配意しておりますが、全情報を保障するものではありません。
このサイトの利用による間接的、直接的に生じたいかなる損害も、一切責任を負い兼ねます。

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合せについては、 下記までお願いします。
>>ご連絡フォーム    子宮筋腫 治療