子宮筋腫とは

スポンサードリンク

子宮筋腫は、その症状や筋腫のできている場所によって手術が必要となり、その方法も違います。子宮筋腫の手術について説明していきます。

子宮筋腫が発症する年齢は、統計から40歳代が最も多く、次いで30歳代、50歳代の順です。子宮筋腫にかかる女性の80%以上が30歳代後半から50歳代の女性が占めています。しかし、この統計の数字に変化が現れ始めています。

近年では子宮筋腫にかかる女性の年齢が若年齢化の傾向にあり、その年齢は20歳代から50歳代前半に移行しつつあります。この子宮筋腫の発症年齢の若年齢化が起こる原因について、考えてみたいと思います。

子宮筋腫は女性特有の病気で、女性の70%以上の方がその可能性を持っていると言われ、近年はその関心も高くなり若い世代の女性も、関心のある方は多いことでしょう。その中には現在、子宮筋腫の重い症状と闘っている方や、健康診断や検査で子宮筋腫が見つかった方、また、現在治療中で快方に向かっている方など、それぞれの経過はとても気になるところでしょう。

特にこれから出産を控えている方や、これから出産を希望されている方は、妊娠・出産に影響はないかとても心配です。症例には妊娠が解ったと同時に子宮筋腫が見つかったという方もおられます。このような方々はとても不安で気がかりと思います。

女性特有の病気である子宮筋腫は、女性の実に70%以上の方がその発症の可能性を持っているにも関わらず、現在もその原因につては正確に特定できていません。

しかしその原因が研究されている中で、最も考えられているものは「染色体の異常」「卵胞ホルモンの分泌」「細胞異常」の三つです。この子宮筋腫の原因として考えられているこれらを紹介していきます。

子宮筋腫であるか調べる検査はいくつかありますが、病院などで行われる一般的な検査は「超音波検査」です。医師の先生からエコーという言葉を聞かれたことはないでしょうか。超音波検査がエコーのことです。

子宮筋腫で行う超音波検査は、お腹から音波を当てる「経腹超音波検査」と、膣内に機器を挿入して音波を当てる「経膣超音波検査」のふた通りがあります。
その次に行われている検査は「視触診」や「内診」、そして「血液検査」です。子宮筋腫における検査についてご紹介します。

もし、子宮筋腫が見つかった場合はどの様な治療を行うのでしょうか。大がかりな手術を想像する方もおられるでしょう。
しかし、発生した筋腫の大きさやその症状によっては、痛みがひどくなければ薬物投与で治療できることもあります。子宮筋腫で行われる薬物治療で代表的なものは、「鎮痛剤」「ピル」「儀閉経療法」があります。この治療法につてご紹介します。

子宮筋腫の症状は、それを全く感じないものもありますが、現れる症状は「月経困難症」や「過多月経」、「貧血」、「便秘」、「頻尿」、「腰痛」など、様々なものがあります。これらの症状について説明していきます。

多くの女性が高い確率でできるという子宮筋腫は、その腫瘍ができる場所で分類され、それは「筋層内筋腫」「漿膜下筋腫(しょうまく)」「粘膜下筋腫」といいます。それではこれらの筋腫について説明します。

近年、子宮筋腫に対する女性の考え方に変化があります。子宮筋腫は成人女性の20~30%が持っていると言われ、さらに、30~40歳代の女性ではごく小さな超音波検査で発見できるものを含めると、実に70%以上の女性が筋腫を持っているという難しい病気ではありません。これ程高い確率で成人女性にあると考えられている病気です。

この子宮筋腫は女性だけの病気で、子宮に腫瘍ができる病気です。子宮筋腫についてもう少し詳しく説明していきましょう。

▼あなたのやり方では子宮筋腫は治りませんよ!

子宮筋腫と診断されて・・・
32歳まで、苦痛と不安の中にいた私が、
その8cmの筋腫がなくなるまでに回復できた方法です。


>>詳しい詳細はこちら

プライバシーポリシー

当サイトでは、Adsense広告のあるサイトやYouTubeなどの外部サイト閲覧状況に応じて、ユーザー様に興味のある広告を配信しています。
詳しくはこちら(興味関心に基づく広告-AdSenseヘルプ)をご覧ください。
サイト管理者

当サイトからのお願い

当サイトの記載内容で不備などがあれば、下記まで情報をお寄せいただければ幸いです。
より良い情報サイト作りに、お力をお貸しいただければと思います。
contact◇tloo.net
(◇マークを@に変更ください。)

このサイトを購読する

RSS登録

免責事項

当サイトでは子宮筋腫に関する情報を、できる限り正確に伝えるよう配意しておりますが、全情報を保障するものではありません。
このサイトの利用による間接的、直接的に生じたいかなる損害も、一切責任を負い兼ねます。

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合せについては、 下記までお願いします。
>>ご連絡フォーム    子宮筋腫 治療